ジェルキャンドル作りその2/手順を覚えたらキレイにできるのか

以前、2度ほどジェルキャンドル作りをして気泡ができる原因も分かったし、手順も分かったところで再度子供たちとキャンドルを作ってみました。

■関連記事
ジェルキャンドルのワークショップ開催する費用や準備
ジェルワックスとカラーサンド購入してみた!実際の大きさどれくらい?
実際にジェルキャンドル作ってみた!1人分の材料どれくらい?



今回は、海の生き物のガラス細工を使います
(もともとこれを入れて作りたかった)


下の娘もやってたので
今回作成中の画像、まったく撮れませんでした。

気を付けたのはコレ!


ジェルキャンドルを溶かすのはホットプレートで。

温度も上げすぎず。

途中のかき混ぜは少なく。



で、できたものが

20180320-007.jpg


気泡できまくり・・・


こっちはマシな方。

20180320-008.jpg


原因はおそらく、

ジェルキャンドルの温度(ちょっと低かったか)と
途中のかき混ぜ



特に、ガラス細工が動くのを何とかしようとした長男のキャンドルは
ガラス細工の部分を中心に気泡が入りまくってます。

20180320-009.jpg


かき混ぜは、極力触らないようにしたけど
全く触らない!くらいの意気込みでやらないと気泡はどうしてもできてしまうらしい。


なかなか加減が難しいな~~


でも

気泡はあってもキレイなのでトイレに飾って楽しんでおります。

カラーサンドを買い足して次を作るか考え中~~


■関連記事
ジェルキャンドルのワークショップ開催する費用や準備
ジェルワックスとカラーサンド購入してみた!実際の大きさどれくらい?
実際にジェルキャンドル作ってみた!1人分の材料どれくらい?



ジェルキャンドル材料購入ショップリスト


ジェルキャンドル失敗からのリベンジ!気泡を少なくするには?

前回初挑戦して失敗したジェルキャンドル。

20180301-008.jpg

今回は、失敗をいかしてリベンジします。


■関連記事
ジェルキャンドルのワークショップ開催する費用や準備
ジェルワックスとカラーサンド購入してみた!実際の大きさどれくらい?
実際にジェルキャンドル作ってみた!1人分の材料どれくらい?


前回はジェルワックスを湯煎で溶かしたため温度が上がらず、かなり大量の気泡が入ってしまい、失敗作でした。
貝殻やビー玉などが見えないくらいの気泡です。

さすがにこの仕上がりだと子供会ワークショップには使えないので何とか気泡を少なくできないか、別の方法を試してみることにしました。

今回はホットプレートを使ってジェルワックスを溶かしていきます。

20180302-001.jpg

小学4年生息子作のカラーサンドにジェルを流し込みます。
失敗しませんように・・・

もう一つ、着色のテストもしたいので小さい瓶を用意して使います。
使用するジェルの量は116g。

20180302-002.jpg


はじめはホットプレートを200度より少し高い温度に設定しました。
ジェルの温度も前回の湯煎の時には70度までが限界だった温度が100度近くまで上がります。

溶けたジェルにも気泡がほとんどありません!
この時点で全然違います!
溶けるのにかかった時間も5分あれば十分でした。

ただ、ホットプレートの温度が高すぎてジェルから「パチパチ」音が聞こえ、薄く煙が上がってきたので一旦温度を下げました。

20180302-003.jpg


そうして溶かしたジェルを入れたものがコレ。

20180302-004.jpg

おぉ!
気泡が目立たない!

いい感じにクリアです!

ジェルの気泡は温度によってかなり違います。
本番では絶対にホットプレート使おう!


続いて着色のテスト。
購入したのはレモンイエロー

20180302-005.jpg


カッターで少し削ったものを溶かしたジェルワックスに入れ、軽くかき混ぜます。

20180302-006.jpg


着色したジェルワックスを静かに注ぎます。

20180302-007.jpg

おぉ!
多少の気泡はできているものの、前回よりかなり目立たずキレイに仕上がりました。

色もキレイに分かれています。

20180302-009.jpg


参考までに前回の失敗作と並べてみます。

比べてみるとヒドイな~~

20180302-008.jpg


ジェルワックスを溶かすにはホットプレートがおすすめですよ。
湯煎はおすすめしません!
IHヒーターはないので分かりません!


気泡が消えたジェルに気分を良くしたので、前回の失敗作のジェルをほじくり出して入れなおすことにしました

固まってしまうと結構固くなるらしく、キレイには取れませんでした。

20180302-010.jpg


で、ジェルを再度溶かして入れたのがコレ

20180302-011.jpg

少量で温度が上がりきらないうちに入れてしまったので少し気泡が入ってしまいましたが、上部だけちょっとクリアになりました!
温めれば気泡はなくなるのでしょうが、全部の気泡をなくすのは私には難しいですね。
ま、しょうがない。


ジェルワックスを溶かすのにおすすめの温度



ジェルワックスは高温で一気に溶かすとダメだそうで、低温でじっくり溶かすのがいいみたいです。

今回比較的安定していた温度は、

■溶かす時・・・180度
■保温・・・100度


でした。
溶かす時に140度だと少し時間がかかりました。
逆に200度だとパチパチ音がしてちょっと怖かったです。

湯煎よりも楽だし、溶ける時間も短いしホットプレート最高です!

ジェルキャンドル作り、楽しんで下さいね!


ジェルキャンドル材料購入ショップリスト






最後に、116gのジェルは取って付き瓶と、小さめサイズの瓶二つにこれくらい入りました。
一人当たりのジェルの量は100gでいけそうです。

20180302-012.jpg


■関連記事
ジェルキャンドルのワークショップ開催する費用や準備
ジェルワックスとカラーサンド購入してみた!実際の大きさどれくらい?
実際にジェルキャンドル作ってみた!1人分の材料どれくらい?

実際にジェルキャンドル作ってみた!1人分の材料どれくらい?

子供会ワークショップを調べる中で、以前から興味があったジェルキャンドル。
材料を購入して作ることにしました。

■関連記事
ジェルキャンドルのワークショップ開催する費用や準備
ジェルワックスとカラーサンド購入してみた!実際の大きさどれくらい?


先日購入したジェルキャンドルの材料が届いたので早く作りたくて、その日のうちにダイソー行ってガラス瓶を買ってきて、夕食後に作ってみました。

最後に使用した分量をまとめました。
お急ぎの方はこちらからどうぞ
▲ジェルキャンドルワークショップに必要な材料(1人分)


ジェルキャンドルの作り方を調べていると
カラーサンドはタッパーのようなものに入っている方が使いやすそうだったので、小さめタッパーも購入。

大きさ違いの瓶3種類、貝殻です。
あいにく行ったお店にはガラス細工置いてなかった、残念。


20180301-001.jpg

ガラス瓶大小と合わせて買った取っ手付きガラス瓶。
小4の長男に聞くと3つの中ではこの瓶が嬉しいとの事。

ちょっと入口狭いけど、確かに可愛いです。
容量も100mlないくらいの小さめサイズ。

20180301-002.jpg


使った砂の量を知るため計測。
100gカラーサンド、タッパー込みの重さ117g

20180301-003.jpg


瓶にカラーサンドを入れていきます。
今回はスプーンを使っています。

で、できたのがコレ。
小4息子作。

キャンドル芯を入れるのを忘れて最後に突っ込みました。
最初に入れとったらいいねん」と言ってました。確かにね。

カラフルな砂がキレイな層になるのは楽しいようです。

20180301-007.jpg


次にジェルの準備をします。
鍋にちぎったジェルを入れて湯煎します。
ジェルの量は90gほど

20180301-004.jpg

すぐにトロっとはしてきますが、全体が溶けるには結構時間がかかります
最終的にここまで溶けるには10分ほどかかりました。

ワークショップなどでは、ジェルをあらかじめ溶かしておいて保温しておくそうです。

20180301-005.jpg


そして、やっていて気になったのが気泡。

ジェルの温度が低い(80度くらい)と気泡ができやすいそうです。
あとで調べたところ、ジェルキャンドルに最適なジェルの温度は100~110度でした。

よく考えてみたら湯煎の場合、
お湯の温度は100度までしかあがらないのでジェルが100度になることはないわけで、、、

そうすると必然的にジェルの温度は低くなります。
かなり気泡が入りました。

これは私が作ったものですが、気泡がたくさんできたことを伝えると
「ボクのんに入れたん?」と聞かれました笑

危ない・・、息子のやつにジェル入れなくて良かった!

溶かしたジェルは全部入れました。

鍋などについたものが少しありますが、
容量100mlのガラス瓶にジェル90gほど入れてこんな感じです。

20180301-006.jpg


ちなみにこのガラス瓶、大きさはこのような感じです。
容量100mlサイズのものです。
子供会で作るにはちょうどいいサイズじゃない?

20180301-008.jpg


最後に、小学1年生の息子が作ったミニミニサイズ(容量30mlくらいかな?)のカラーサンド。

気が付いたらカラーサンドを入れすぎていたので全部砂にしてみた。
ガラス瓶に沿って竹串をまっすぐ入れ、すっと上に引き上げると模様のようなものができます。
これはこれで楽しいようでたくさん模様を作ってました。

小学1年生でも結構キレイに作れることが分かったので子供会のワークショップでもできそうです!

20180301-009.jpg


ジェルキャンドルワークショップに必要な材料(1人分)



今回私が使った1人分の材料です。
子供会やワークショップでやる場合は少し多めに準備しておくといいと思います。

■ガラス瓶(容量100ml)・・・1
■ジェルワックス・・・90g
■カラーサンド・・・70g
■キャンドル芯・・・1
■ビー玉など飾り・・・3

*カラーサンドは色によって使用量のバラツキがありました。我が家の人気カラーは白と黄色でした。
*実際に作ると多少の誤差があるかもしれませんが参考になれば幸いです。

ちなみに50人分用意する場合、だいたいこれくらい。
・ジェルワックス5Kg(1人当たり100gで計算)
・カラーサンド4Kg(1人当たり70gで計算して3500g)

ジェルワックスに余裕をもたせるならあと少し準備してもいいかもしれませんね。
楽しいイベントになりますように!


ジェルキャンドル材料購入ショップリスト



ジェルワックスとカラーサンド購入してみた!実際の大きさどれくらい?

以前から興味のあったジェルキャンドル作りだったので、購入してみました!

■関連記事
ジェルキャンドルのワークショップ開催する費用や準備
実際にジェルキャンドル作ってみた!1人分の材料どれくらい?


これはジェルワックス1kg、1,420円(税込)
200gの小分けになってるところが多いので使いやすいですね。

20180228-001.jpg


200gは結構多いと思ったのですが、溶かしたらまた違うのかな?
手に持つとこんな感じです。

プルプルして弾力があって、こんにゃくみたい。

ワックスなのでちょっと手に油分がつきます。
フローリング直置きはおすすめしません

20180228-002.jpg


お次はカラーサンド。
全て100gです。一つ200円(税込)

20180228-003.jpg

手に持つとこれくらい。

一回作ってみて一人当たりどれくらい砂を使うか調べてみようと思います。

20180228-004.jpg


キャンドル芯とジェルワックスを着色するための染料。

レモンイエローだけど、実際の色は結構渋い感じの茶色味がかかっています。
削って溶かすと色が変わるんだろうなぁと思ってます。

20180228-005.jpg


あとは、100均一でガラス瓶とガラス細工、ワックス用鍋などを買ってきます!

早く作りたい~~

・・と思って作ってないものが多い(汗

がんばろー


■関連記事
ジェルキャンドルのワークショップ開催する費用や準備
実際にジェルキャンドル作ってみた!1人分の材料どれくらい?

小学生でも簡単にできるソープアートの費用と準備

子供会のワークショップや工作のメモ。

小学生1年~6年までできて、それほど時間がかからず簡単に仕上がる工作。
それでいて大きすぎず、使えるものだと嬉しい。

今回はソープアートです。


ソープアートって何??


一般的にソープアートというと、
「ソープカービング」と呼ばれる石鹸を彫刻刀などで削って花を彫ってみたりするものをいいます。

今回子供会の工作でしようと思っているのはソープカービングではなく、数年前「LUSH」という店舗で開催していたものです。

息子はこの時6歳です。
20180301-010.jpg

石けんに竹串などで溝を掘り、その溝にキラキラのラメを埋め込むだけの簡単なものです。
LUSHが「ソープアート」と呼んでいたので同じ名前にしました。

石けんを竹串で掘るだけなので小さい子でもできるし、大人は凝ったものを作れるので幅広い年齢層で作れるうえに手順が簡単なところがいいので子供会の工作向きかなぁと思います。

20180301-011.jpg

ソープアートのワークショップに必要な費用



ソープカービングではないので、自分たちで開催することになると思います。
費用は主に石鹸とラメパウダー代です。

真っ白のただのソープを彫るよりも少しクリアのものを使う方がキレイですが、予算に合わせて購入するといいと思います。


ソープアートに必要な準備



準備は本当に簡単で申し訳ないくらいです。
けずった石けんが散らかるので新聞紙を敷いてやるのがおすすめです。(ラメも多少こぼれます)


■絶対にいるもの
・石けん
・ラメパウダー

■あればいいもの
・チャームや貼り付けストーンなどの飾り

■道具
・新聞紙
・竹串
・筆

ソープアート材料購入ショップリスト



無印
ラメパウダー

ソープアートの作り方



作り方はいたってカンタンです。

1.好みのソープを選びます。

2.竹串を使って好きな文字やもようを彫ります。

3.彫り終わったら余分な石けんをそっと落とし、筆を使ってラメパウダーを溝に埋めていきます。

4.余分なラメパウダーをはらって出来上がりです。


息子はラメつけすぎてこんなんなってたけど笑
20180301-012.jpg

可愛いワックスペーパーなどで包めば立派なラッピングが出来上がります。
これはいつかやってみよう~~

ジェルキャンドルのワークショップ開催する費用や準備

子供会のワークショップや工作のメモ。

小学生1年~6年までできて、それほど時間がかからず簡単に仕上がる工作。
それでいて大きすぎず、使えるものだと嬉しい。

今回はジェルキャンドルです。

*失敗作ですがジェルキャンドルのイメージです。
20180301-008.jpg



■関連記事
ジェルワックスとカラーサンド購入してみた!実際の大きさどれくらい?
実際にジェルキャンドル作ってみた!1人分の材料どれくらい?


ジェルキャンドルワークショップの費用



1.ジェルキャンドルの出張ワークショップを依頼

1200円~/人+出張費用が必要です。

これだと講師の人が必要な材料などすべて準備をして来てくれ、作り方も教えてくれるので準備が簡単です。
また、カラーサンドや小物の種類も多く、子供たちが楽しめるジェルキャンドルになります。

予算に余裕があればこっちを選択。


2.自分たちで開催する

これは、材料をどれくらいそろえるか。
一人当たりどれくらいの材料を使用するかで変わってきます。

準備は大変だけどモノづくりの楽しさは伝わると思います。
今回ジェルキャンドルのワークショップの予算は~500円/人、4~50人ほどで調べます。

ジェルキャンドルワークショップに必要な準備



自分たちで開催することが決まったら準備が必要です。
材料と道具を人数分用意して、簡単な作り方をシミュレーションします。
材料は失敗しても大丈夫なように少し多めがいいですよ。


■絶対に必要なもの
・ジェルワックス
・キャンドル芯
・ガラス瓶

■あると嬉しいもの
・カラーサンド
・中に入れる小物(ビー玉、ガラス細工、貝殻など)
・染色するもの

■道具
・ホットプレート又はIHヒーター
・ホーローや金属鍋
・温度計
・マドラー
・スプーン
・割りばし
・軍手
・計量器など


調べてみると、ジェルキャンドルに必要なジェルワックスの量は1人当たり200gあれば安心と書いてある。
ただ、200gずつ用意するとなると安いお店で購入しても
・ジェルワックス360円くらい/人
・キャンドル芯が34円/人
ガラス瓶を100均で調達するとしてもこの時点で502円/人

カラーサンドや小物が使いたいので、子供会の工作に採用するには1人当たり120gで設定してガラス瓶を少し小さくします。
ジェルワックス3kgまとめての購入なら216円/人です。
50人分なら6kg購入しましょう。

これだとカラーサンドや小物を用意しても500円/人くらいでおさまりそう。

予算があれば100均でガラス細工を追加してもいいけど、出来上がりの作品を見てみると
中に入れるものはビー玉や水でふくらむプニプニ玉?などもキレイ☆
染色ワックスで色付けしたジェルを型抜きしてオブジェにするアイデアもいいな~~

カラーサンドは高いので使わないという選択肢もあり。
でもあるとキレイなんですよね。


ジェルキャンドル材料購入ショップリスト




ジェルワックスはまとめて買うとお買い得です。
2~30人規模だと3kgで購入するのがおすすめです。

この値段だと120g/人くらいに増やして200円/人の予算で組むことが可能ですよ!




このお店もジェルワックス材料ほかキャンドル材料がたくさんあっておすすめです!



こんなキレイな色付きジェルもありました。
このショップ、ジェルキャンドル関係はこの商品のみですがかなり魅力的~




ジェルキャンドル作り方



キャンドル作り方の手順としては、こんな感じをイメージ。
これなら小学生低学年でもいけそう!

1.[子供]あらかじめアルコールできれいにふいたガラス瓶に(この作業をすると気泡ができにくいらしい)、スプーンやピンセットなどを使ってカラーサンドやオブジェを配置する。

2.[大人]溶かしたジェルキャンドルを注ぐ。
*ここは絶対に大人がやること。軍手必須

3.[子供]ジェルが固まるまで、自分のネームプレートを作り瓶に貼る

4.ジェルが固まったら袋に入れてリボンをつけてあげる。


うん、これならいけそう。

ジェルキャンドルワークショップ
子供会でできたらいいなーー

プロフィール

星パンチ

Author:星パンチ
3児の母でハンドメイド子供服や工作をしながらWEB制作の仕事をしています。
NEVERまとめの実績公開や手作り作品の記録など書いてます。

最新記事

amazonの返品で定形外郵便は使えるのか? Jun 27, 2018
またもや娘の短パン/ポケット付きアレンジ Jun 06, 2018
暑くなったので次男のハーフパンツ作りました。 Jun 01, 2018
自作アイロンプリントで手作りTシャツ作りました! May 29, 2018
新しいミシン、届いた~~! May 28, 2018
ハギレ消費!娘のパジャマ用Tシャツ作りました May 28, 2018
ミシン、買ってもらった! May 19, 2018
子ども乗せ自転車、フロントシートをかごに取り換えました! May 18, 2018
子ども会の運動会、準備って大変だー May 09, 2018
まだまだ続くよ、短パン作り May 09, 2018

検索フォーム

買い忘れないですか?

ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
496位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村