クリスタルクレイとスワロでヘアゴム手作りしました。

以前挑戦した「グルーデコ」
スワロフスキーチャトンをバランスよく配置したり、デコ用エポキシ粘土の成型が意外と難しく一旦あきらめたけど、久しぶりにやりたくなって再挑戦。
一番使うヘアゴムにしてみました。


20180219-002.jpg


今回使ったのは貴和製作所で購入したクリスタルクレイ「スカイブルー」800円弱。
初心者でも使いやすいと売り場に書いていたのが購入の決め手です。

ちなみに、クリスタルクレイはたくさんのカラーの中から選べます
ただ、使わない色をたくさん買っても余るので色選びは迷いに迷いました。

白い粘土を購入して色を付ける方法もありますが、今回はすでに色がついたものをチョイス。

20180219-004.jpg


樹脂粘土A・Bに分かれていて、同量ずつ混ぜて使うというもの
(画像は使用後なので減ってますが、購入時はもっと入ってますよ!)

20180219-005.jpg


ちなみにクリスタルクレイの使い方の説明書。
以前貴和製作所で購入した「デコパテ粘土」というものと基本的な使い方は同じでした。

AとB同量を混ぜ合わせ成型→スワロでデコ→硬化させて出来上がり

20180219-006.jpg


少し多めの分量を取り、AとBを混ぜ合わせ土台を作ります。

デコパテ粘土に比べると粘着力が少し弱いのか、ペタペタくっつく感じは少ないのでとても混ぜ合わせやすいです。
気温が低いせいか粘土が固くなっていたので、少しウェットティッシュでふきながら少しずつ混ぜると徐々に柔らかくなります。

次はミール皿に乗せ、
真ん中がこんもりするように成型です。

成型の手順の際、粘土がくっつきにくいしある程度マットな光沢がありとても成型しやすかったです。
濡らした指で表面をなでるようにすると粘土についた指紋がきえてきれいになりますよ。


土台が終わったらスワロの貼り付けパーツを貼り付けていきます。
接着力も弱いので、スワロがずれることも多かったですがやりやすかったです。

以前はチャトンという裏面が立体的な平らではないスワロを使いましたが、今回は裏面フラットの貼り付けパーツです。
埋め込んだ時のゆがみが少ないので初心者向けです。

20180219-001.jpg


こんな感じでスワロをおいていきました。
真ん中は細いボールチェーンです。

ボールチェーンはフリーの土台成型する時に粘土の縁取りなどでよく使うパーツのようです。
アクセントにもなり使い勝手良さそうです。

模様を描いたりするときの境界線にしてもいいですねー。

20180219-003.jpg


出来上がったものは、
貼り付けパーツ付きのヘアゴムに接着剤で貼り付けます。

グルーガンでもいいですが、はみ出るのでコニシウルトラ多用途SUを使います。
このボンドは万能です。
一つ持っていて損はないほど使えるボンドです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コニシ ウルトラ多用途SU クリヤー 25ml
価格:298円(税込、送料別) (2018/2/19時点)




出来上がりはこちら。

一度あきらめたグルーデコですが、今回はうまくできました!

ゴールドは以前購入した貴和製作所デコパテ粘土を使って、成型・デコったものにゴールドのラメパウダーをまぶしてみました。
スクエアの大きめゴールデンシャドウと中くらいスクエアのモンタナがいいアクセントになっています。

デコパテ粘土ならスワロをおいたときの接着力が強いのでずれにくいです。
やり直しをあまりしないならこちらの方が使いやすいと思います。

20180219-002.jpg


クリスタルクレイ、
35mmミール皿なら二つ分くらいは作れると思います。


色もキレイだし使いやすかったのでおすすめです!


ニットのハギレが大活躍する簡単ネックウォーマーを手作りしました。

服作りをしていると、どうしてもハギレが増えるんですが
いつももったいなくてそのまま捨てることができません。

生地がまだ馴染んでなくて掃除用のウェスにも向かないので、時々服以外の小物を作ります。

今回は長方形の布をただ縫い合わせるだけの簡単ネックウォーマーでハギレ消費です。

20180103-002.jpg


キバジの倉庫さんでもらったおまけ布に、生地・服地のニット工房で購入した激安裏毛です。

この裏毛ニット↓
ニット工房裏毛ニット

110cmサイズの娘のスパッツを縫った後、絶妙な量で残っていました。

スキーに行く時に使いたかったので本当は裏をフリースで作ろうと思っていたのですが、この裏毛少し起毛していてちょっとフリースっぽいので、代用しました。
フリースを購入するとさらにハギレが増えるけど、手持ちのもので合わせられると嬉しくなります♪

手持ちのタグもつけました。
縫い合わせが分厚くなって縫い代が寄ってしまうとイヤなので、止めミシンを何箇所かしておきました。

20180103-001.jpg


20180103-003.jpg

前回はジャガードニットに毛足の長いラビットファーという組み合わせで作ったけど、こういう薄手のネックウォーマーも結構便利ですよ。




七五三のつまみ細工手作りリベンジ。

娘の七五三のつまみ細工を作るも、

翌日には水没してしまいこんな姿に(ノ◇≦。)

娘の七五三のつまみ細工を手作り|銀ビラ購入情報も
20171222-007.jpg


せっかくなのでリベンジしてみました。


20171222-010.jpg


今回は銀ビラを剣つまみのお花につけました。

スリーピンには下がりをつけ、その先に鈴もつけました。


お花の芯が曲がってます。
素人の手作りなので多めに見て下さい。

20171222-009.jpg

剣つまみのお花は一越ちりめんで作っています。
普通の鬼ちりめんよりも薄く、形もキレイに出るので私はこちらのほうが好みです。

20171222-008.jpg


Uピンとうさぎのパッチンピンも作りました。

20171222-011.jpg



せっかくなので七五三当日の着画を・・・


といいたいところですが、


結局スタジオアリスの前撮りを夏にしたので、

もういいか、となり

お参りはしませんでした、とさ。


なんだ、それ!なオチですみません。


お正月にでも着物着せようかな。


娘の七五三のつまみ細工を手作り|銀ビラ購入情報も

娘の七五三にと、つまみ細工を作りました。

髪の毛が少ないのでぱっちんピンで留めるタイプ。
10枚の銀ビラも用意しました。

20171222-004.jpg

銀ビラはパーツ探しに苦労しました。
意外と売ってないんです。
パッチンピンに長い柄がついたような「スリーピン」というのもなかなか見つからず、下記まとめ内にある「工房和」というお店を見つけて購入しました!

■参考リンク
つまみ細工に使えるパーツやちりめん生地が買える通販サイトまとめ


こんな感じになるかなー


20171222-005.jpg



作成後のつまみ細工を乾かしていたら、


翌日、

魚水槽の水換えをしていた旦那が

うっかり水の中へ∑(゚◇゚///)




最近ハンドメイドのモチベーションが下がっている中での作成だったので

地味にショックをうける。


ドライヤーで乾かしてくれたけど、

つまみ細工は見るも無残な姿になりました。

20171222-007.jpg


ちりめんは水に弱いので気をつけて下さい!


ハンドメイド:ポルカドロップスのルームブーツ

急に冷え込んだので暖かいグッズが作りたくなり
型紙ショップを徘徊していたところ見つけたポルカドロップスのルームブーツ。

これは良さげ!

母親にプレゼントしたら良さそう!

ということでさっそくお買上げ。


最初に出来上がったものを。
20171123-03.jpg

表地のキルトは手芸の丸十で購入。
おそらくコレと同じ商品。
http://www.tomoyasyugeiten.jp/product/3785

オックス生地なのでハリがあります。
店舗で1780円/mのものを60cm購入。幅は110cm。

内側はラビットファー140くらいの幅で1m。



パーツや工程自体はそれほどではないですが
今回ファーの始末には泣かされました。

一番最初に有り物で作った試作品は
毛足が短い落ち着いたファーだったので肌触りはいいけれど
見た目の可愛さが少ない仕上がりになりました。

なのである程度毛足が長い、またはボリュームのあるファーの方が出来上がりがキレイです。

それを踏まえて買ったラビットファー(もちろんフェイク)

毛足が長いので切ったそばからファーが落ちる!
さらに何回コロコロしてもキリがない!

20171123-05.jpg

さらにレシピではファーの縫い代を切り取ります。
この縫い代のファーを切り落とす作業が地味に面倒くさい

コロコロとともに作業します。

できたーーーー!

20171123-04.jpg

生地の裁断とファーの始末さえしてしまえば
縫い合わせ自体は直線縫い一つでできるので楽ちんです。

1時間ほどあれば縫い合わせ完了です。
今回のナイロンキルトはハリがあるので底のカーブの縫い合わせでずれてちょっと縫いにくかったです。

でも自立してくれるので置いた時のシルエットがキレイなのは魅力。


底布には手持ちのコーデュロイ生地を。

20171123-06.jpg

出来上がったものを履いてみます。


・・・。

ルームブーツって、
ルームソックスよりは上なんだろうけど
スリッパほどの快適さがない。


2枚仕立てになってるとはいえ底付き感がすごいのです。

これを何とか解消できないかと
「スリッパ 底 素材」とかで調べてもいいものが見つからないので
コーナンにスポンジを買いに行きました。

買ってきたのはコレ。

1センチの厚みのスポンジゴム。
1枚で一足分取れます。350円くらい。


20171123-01.jpg

カッターを使っても少し切りにくい。
ハサミも使えます。

これを底に入れると、かなり底付き感はなくなり快適になりました。


20171123-02.jpg

プロフィール

星パンチ

Author:星パンチ
3児の母でハンドメイド子供服や工作をしながらWEB制作の仕事をしています。
NEVERまとめの実績公開や手作り作品の記録など書いてます。

検索フォーム

買い忘れないですか?

ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
778位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
にほんブログ村